AVA 2020-2021 A/W collection "INAVIKARI"展示会終了しました




今回のテーマは“稲光”。 古来より日本人の生活と共にあり、主食である稲(米)と雷(稲妻)との意外な関係にインスパイアされました。

会場は埼玉県南西部の飯能市の中でもひときわ豊かな自然が広がる名栗エリアの渓谷沿いに位置するカフェ&ギャラリー「名栗の杜」 造形作家のオーナーによって建てられた建物自体が芸術作品のような素敵な空間です。 今回イメージフォトの撮影にご協力頂いた山梨の友人の田から収穫された奇跡の米と言われるイセヒカリを、稲光展オリジナルパッケージにて特別に販売させていただきました。

日本人の精神性の背景に迫り、都市から離れた自然豊かな地での今回の展示会はこれまでにない新たな試みとなりました。 お越しいただきました皆様、今回ご縁のあった皆様、ありがとうございました。


タグ: